CONVERSATION #01

成功の秘訣

今回は皆様の成功の秘訣をテーマに、その時にどういうプロセスだったか、
どうやって課題を解決していったか年代別、職種別でお聞きしてみました。

MEMBER

  • 名前

    小川 淳三

  • 名前

    村上 喜寛

  • 名前

    河渕 智

  • 名前

    長谷川 晃

  • 名前

    児玉 茉由

  • 名前

    渕上 就太

  • 名前

    長谷川

    じゃあ早速営業の僕からいきます!今期自分が所属する営業所全体では新規顧客の獲得数が0件だったんですが、自分一人で頑張って2ヶ月間で4件新規顧客との取引を獲得しました!

  • 名前

    小川

    高田営業所は新規攻めるようになったなぁ。

  • 名前

    長谷川

    そうですね!配属された時点で新規をがんがん獲っていきたいなという気持ちが自分の中にあって、こなしていくうちに自信もついてきましたねー!

  • 名前

    河渕

    噂で聞いたんですけどお客様先で「取引してくれるまで帰りません!」って言って粘ってるみたいですよ!

  • 名前

    長谷川

    そうなんです!毎日カタログを持っていって、その度に自分の名刺も渡して帰るんですが、そのお客様が名刺を貯めてくれていたみたいでして???自分の名刺だけで50?100枚の束になっていたみたいです(笑)お客様も「そこまで言うなら???」と取引してくださったんですが、そういうことが2?3件続きましたね。継続が大事だと感じた瞬間でした。

  • 宮田

    大事なことやね!じゃあ2年目を迎えた渕上くんはどう??

  • 名前

    渕上

    はい!僕は業務員という職種で、お客様対応や営業サポートのような形で内勤しています。僕の前任の方がかなりベテランだったようでお客様もその人のことをかなり信頼していて、電話もその人に向けてかけてこられる方もかなり多かったです。ようやく最近になって僕に向けて電話をかけてくださったり、注文してくださる人も増えて第一歩を踏み出したなぁと感じています。

テーマ_1

テーマ_1

  • 宮田

    なるほどね、じゃあ社長もいらっしゃることだし2年目を迎えての悩みなんか相談して?

  • 名前

    渕上

    はい。お客様によって商品の呼び方にかなりばらつきがあって、かなり苦労していますね??? 型番で伝えてくれるお客様も少なくなってきているみたいですし???

  • 名前

    村上

    まぁでもそれはみんなが最初にぶつかる大きい壁やねー!経験を積んでいって体に染み込ませるしかないなー!

  • 名前

    児玉

    一度聞いてわからなかったことは全部メモしていましたねー!「この型番はこういう言い方をするんや!」っていうのだったり細かく書き留めていっていたらメモ帳が4冊目に突入しましたね(笑)

  • 名前

    村上

    すごい!それコピーとらしてや!

  • 一同

    あははは(笑)

  • 名前

    児玉

    でもいまだに当時のメモは読み返したりしますねー!

  • 宮田

    努力の結晶やねー!渕上くん、見習ってメモ帳作ってね!じゃあ渕上くん逆に2年目を迎えて嬉しかったことってあるかな?

  • 名前

    渕上

    お客様に注文をいただいたんですが、オススメしていたメーカーの締め時間が過ぎてしまっていたので、自分で違うメーカーを探してご要望に近い製品を提案してお客様に納得していただいたことですかね!

  • 名前

    小川

    スキルが上がってきた証拠やねー!じゃあ最近所長になった河渕くんはどう?マネジメント面でもいろんな経験してそうだけど???

テーマ_1

テーマ_1

  • 名前

    河渕

    僕は今天王寺営業所の所長を任せていただいているのですが、天王寺営業所は新入社員ひとりを除くと自分より年上の方ばかりで、どういう言葉遣いで指示をして動いていただくかがまず直面した壁でしたね。今までの各所長やエリアマネージャーのやり方を参考にしながらどういう風にすれば円滑に人を動かせるのか、どう気持ちよく働いていただけるかを考えて実践しています。自分が新入社員で所属していた天王寺営業所の当時の所長も今は自分の部下として働いてもらっていますが、年下の自分の意見も嫌な顔ひとつせず聞いてくださるので天王寺営業所は働きやすい環境ができているのではないかと思っています。

  • 名前

    村上

    僕もそういう時代がありましたねー!所長に初めてなった時に、僕はあえて伝え方?指示の仕方をガラッと変えましたね。時には部下を厳しく注意しなければならない時もあるので、その伝え方に気を遣っていては所長は務まらないと思い、言葉遣いを切り替えました。心を鬼にしましたね???

  • 名前

    小川

    確かに??? ただ言葉の伝え方の敬意は失ってはダメだね。私も言うべき時は言わなければならないようなタイミングが多い役職だしその部分は自分の中で大事にしています。

  • 宮田

    話は変わりますが、せっかく営業の方に集まっていただいているので。営業の皆さん、営業マンは個人のスキルに依る部分が多いかと思うんですが自分はここが強い!ここに気をつけて営業している!などがあれば教えてください!

  • 名前

    長谷川

    僕は今年で29歳になったんですが、新入社員の頃は同業他社の営業マンはもちろん自分より年上で、商品知識もはるかにあるのでその人たちとの取引争いにどう勝つか、どう付加価値を与えられるかは当時考え抜いていましたね。気をつけていたことは、お客様が話す一言一句を自分なりに解釈して、どういう商品を求められているのかや、その時の様子?空気などを察知できる能力を身につけようとしていたことですかね。ひたすら営業先で場数をこなして経験値を増やしました。

    そういった経験を重ねていくと、もちろん受注も増えるのですが、何よりお客様が自分に求めるレベルが高くなっていきました。僕もお客様のことを考え抜きますし、お客様も自分のことを信頼してくれているからこそ、その要求をしてくれているのだなあと思っています。

  • 名前

    河渕

    僕の場合は売り上げを上げている先輩から技を盗むことを重要視していましたね。電話口での喋り方や営業先での対応などじっくり観察して自分のものにしていました。自分のキャラに合わないものもあるとは思うので吟味は必要ですが???(笑)辿り着いた自分のスタイルは、今でこそ安売りはしたくないので「小川電機の河渕は高いけどよくやってくれる、助けてくれる」というイメージを売っていますね。売る物の価格や性能で勝負するだけでなく、「自分」を買っていただく、それが付加価値になると信じて日々営業活動をしています!

  • 成功の秘訣は社内外関わらず、小さな信頼を積み重ねていくことですね!それを皆様が本当に大切にして日頃働かれていることが伝わりました、ありがとうございました!

テーマ_1

テーマ_1

CONVERSATION #02

小川電機のこれから

SHOW THIS

最新无码国产在线视频_秋霞影院_直接看的av网址免费的